グランピングアートキャンプ

Inspiration Art Camp

ハイファイヴ・アートキャンプは、有り余るエネルギーを思う存分発散して欲しいという思いから『グランピング・キャンプ』というスタイルでテント・タープ内でアートを楽しむ事ができます。誰にも邪魔されない非日常的空間でアートに没頭し、情熱を傾ける事をアシストし感覚の活性化を図ります。

また、こころのインプットとアウトプットのバランスが大事だと考えています。インプットとは情報、技術、ノウハウ、社会のルールなどを学ぶ事で多大な知識を得る事ができます。しかし、知識ばかりが増えていくと創造力はどんどん減っていき、個性がなく平凡な大人となってしまいます。また「汚してはいけない」「汚い」などの制限をかけてしまうと、自分の殻を超える事がむずかしく、みんな同じような作品、どことなくきれいな作品となってしまい、個性を引き出せません。 インプットだけが学びや成長とよく思われがちですが、実はアウトプットする事、個性や可能性を引き出し更に子供のもつエネルギーをジャンジャン発散させる事で自主性や創造性、人間力を養う事ができるのです。


何でもアートにしょう!!

ハイファイヴ・アートキャンプでは用意された工作キットは使わずに身の回りのある様々なものを利用してアート作品を作り出します。例えば、着なくなったセーターの毛糸をほどいてみたり、いらない服やズボンをばらしてみたり。布切れやボタン、ネジや、段ボールなど捨ててしまう物をリユーズし作品を制作します。その目的は、出来上がった作品をジャッチするのではなく、何が楽しかったか?どういう事が難しかったか?活動の何が好きだったかなど、プロセスに重点を置いた活動となっています。


ソフトスキルを養おう

ハイファイヴ・アートキャンプでは、ソフトスキルで重要なチームワーク、共感、適応性に重点を置いたプログラムとなっています。個人、チーム、クラス全員での取り組みなど、年間を通じた活動を予定しています。個性を活かしながら、お互いのアイディアを受け入れ、お互いの作品を認め合うおおらかな人間性を養います。